意外とカンタン!ボールや浮き輪の空気の入れ方

普段いろんな遊びやレジャーで使うボール、そして夏のレジャーには欠かせない浮き輪ですが、ちゃんと空気は入れていますか?何気なく使うボールも自然と空気は抜けていってしまいます。
空気入れを使えば実は簡単に空気を入れることができるのでやってみましょう!


空気の入れ方のご説明の前に。
今回使用した空気入れはこちら↓

LIGHTWEIGHT FLOOR PUMP(ライトウェイト フロアポンプ)

希望小売価格 3,630円(税込) / 3,300円(税抜)

LIGHTWEIGHT FLOOR PUMP」 はすべての種類のバルブに対応しています。この一本があれば安心です♪

■取扱店舗はこちらから
■自転車の空気の入れ方はこちらから

■各部名称

■ボールへの空気の入れ方

①LIGHTWEIGHT FLOOR PUMPに付属の、ボール用空気入れアタッチメント(細長い針のような部品)を用意します。ポンプ本体の透明なケースの内側に付属しています。

 ※ボールに付属のアタッチメントで空気を入れることができるのは、以下画像のタイプの入れ口のみです。

②アタッチメントを ヘッドパーツの口金の奥まで差し込み、レバーを起こしロックします。 差し込み方向は画像の通りです。

ヘッドパーツにアタッチメントを画像のように差し込みます

レバーを引き上げアタッチメントをロックします。

③アタッチメントの細長い方をボールの入れ口に差し込み準備完了です。 空気入れのグリップを両手で握り、フットステップを両足で支えてポンピングします。 空気の入れすぎに注意しながら作業を行いましょう。

④充填が完了したらアタッチメントがついたヘッドパーツをまっすぐ上に外し完了です。

■浮き輪への空気の入れ方

① LIGHTWEIGHT FLOOR PUMPに付属の、 浮き輪用空気入れアタッチメント(黄色の細長い部品)を用意します。 ポンプ本体の透明なケースの内側に付属しています。

※浮き輪の空気の入れ口には種類があります。入れ口が広いタイプですと空気を入れることができない場合があります。

付属のアタッチメントで空気を入れることができるタイプの入れ口

付属のアタッチメントで空気を入れることができないタイプの入れ口

②アタッチメントを ヘッドパーツの口金の奥まで差し込み、レバーを起こしロックします。 差し込み方向は画像の通りです。

ヘッドパーツにアタッチメントを画像のように差し込みます

レバーを引き上げアタッチメントをロックします。

③アタッチメントの細長い方をボールの入れ口に差し込み準備完了です。 空気入れのグリップを両手で握り、フットステップを両足で支えてポンピングします。 空気の入れすぎに注意しながら作業を行いましょう。

④充填が完了したらアタッチメントがついたヘッドパーツをまっすぐ上に外し完了です。


ボールにもカンタンに空気を入れることができるのでぜひやってみましょう!